記事一覧

オリンピックビーチバレーボール女子選手が好きなアクセサリー

アオイの葉のようなグリーンがとても美しい宝石「マラカイト」をご存知ですか?マラカイトはカットした際にクジャクの羽のような模様が現れることから和名では「孔雀石」とも呼ばれています。このグリーンが美しい宝石は、ただ美しいという理由で人気があるわけではなく、「旅人を守護する宝石」や結婚13年の記念にプレゼントされるものとしても有名です。
今回はいろいろな伝説もユニークなマラカイトについてご紹介します。

マラカイトってどんな石?

マラカイトはギリシャ語で藤色を表す「moloché」という言葉が由来と言われる、緑色がとても美しい宝石です。この宝石は不透明な宝石で、グリーンの濃淡な層を持つ事が有名です。この独特な模様は『銅』によってもたらされていて、さらに、ほかの鉱物と混ざり合う特徴も持っているため、それぞれが多種多様な模様を持ちます。因みにマラカイトは銅の堆積と共に存在する宝石なので、見つけやすい独特な模様と特徴的な色によって、銅の採掘調査の目安としても使用されているそうです。
名前マラカイト
和名孔雀石
モース硬度3.5~4
カラー緑(濃淡のある緑でクジャクのような模様がある)
比重/屈折率1.65 ~ 1.90/3.25 ~ 4.10
産地ナミビア、タンザニア、ザンビア、コンゴ民主共和国、オーストラリア等
ハイジュエラーとして世界的にも有名な「ヴァン クリーフ&アーペル」はカボションカットされたマラカイトも有名で、オーストラリアまたはコンゴ民主共和国産のマラカイトを使ったマラカイトジュエリーを作っています。
マラカイトの豆知識
alhan
出典:http://www.vancleefarpels.com/jp/
マラカイトにはこの宝石を持っておきたいと思える逸話が存在します。それはタイトルにもある『旅人を守護する宝石』です。とてもご利益のありそうな感じがしますよね。マラカイトは古代エジプト時代の紀元前4000年には採掘されていたと言われているとても歴史の長い宝石で、古代エジプト時代の伝説では、家庭の守護神である女神タウレトがつけていたネックレスの中にマラカイトも使われていたと言われています。指輪 人気マラカイトは身に着けている人に危険を伝えると言われ、危険が近づくとマラカイトが粉々に砕けるのだそうです。その為、マラカイトを旅人に持たせ、守護するための宝石として使われたそうで、この逸話によって今でも『旅人を守護する宝石』として人気です。

まとめ
今回は特徴的な模様が美しいマラカイトについてご紹介しました。マラカイトはカットすると非常に独特な緑の濃淡で作られる模様が入っている宝石で、さらに一般的な宝石とは違い、不透明な宝石として人気です。特にハイジュエラーとして有名な「ヴァン クリーフ&アーペル」の幸運の象徴とも言われるアルハンブラコレクションのマラカイトはとても美しいことでも有名です。是非手に取ってみてください!

【関連記事】:最新ファションパイオニアに関するファションニウス