記事一覧

人気ジュエリーランキング・ブランド別編

特に人気だったアイテム:ココマークピアス

世界中の女性を虜にするシャネルが10位にランクインしました。1910年、創業者ココ・シャネルによってフランス・パリの小さな帽子店からスタートしたシャネル。既成観念に囚われない革新的なアイデアから作られたさまざまなアイテムは、女性の自立という時代とマッチし、一大センセーションを巻き起こします。

1920年、シャネルはジュエリーにおいても革新的なアイテムを発表。当時、ある一定の富裕層が着飾るためにつくられていたジュエリーですが、高価な素材や宝石を使用するため、デザインの限界がありました。

そこでシャネルは宝石や貴金属を使用せず、デザインに重点をおいたアクセサリー(コスチュームジュエリー)を製作し、ジュエリーに対する世の価値観を変えます。シルバーチャーム 富裕層のためのジュエリーであった時代において、シャネルの「コスチュームジュエリー」は女性の自由の強い味方となったのです。

特に人気だったアイテム:ヌードペンダント

「カラー使いの魔術師」の異名を持つイタリアのジュエラー、ポメラートが9位にランクイン!イタリアらしいカラフルなジェムストーンを用いたジュエリーが特徴で、キャンディーのようにジューシーな、宝石のありのままの美しさを存分に表現した「ヌードコレクション」が人気を集めました。

特に人気だったアイテム:ジュ・ドゥ・リアン ネックレス

にランクインしたのは1780年にパリで創業したショーメ。王侯貴族階級を顧客として常にフランスの歴史と共に歩んできた、格式と伝統あるブランドです。

特に人気だったのはフェミニンなジュ・ドゥ・リアンコレクション。高額なイメージのショーメですがこちらは価格も10万円台~とあってギフトにも人気。涼し気なカラーストーンは重ね付けも楽しめるため、「色ち買い」のリピーターも多いようです。

心躍る色を夏の味方に。ジュエリーデザイナーおすすめの“大ぶり&カラーストーンジュエリー

日常の喧騒から離れてくつろぎたいリゾートには、気分を華やげてくれるジュエリーが欠かせない! ジュエリーデザイナーの伊藤美佐季さんおすすめの、ふだんより少し大ぶりなデザインと、日の光にも負けない色石を使った、リゾート映えジュエリーをご紹介します。

リゾートに映える、ジュエリー


大人のリゾートスタイルには、素肌に溶け込むような繊細さと、視線を集める大胆さをあわせもつジュエリーこそ必要

(右)フューシャピンク、イエロー、グリーン、パープルピンクの4色のファンシーサファイアが動くたびに揺れる。ペンダントトップ「シヴォー」(YG×ファンシーサファイア)¥787,000・チェーン(YG)¥116,000/ポアレジャポン(オーレリ・ビデルマン)

(左)ダイヤモンドの下の地金にブラックゴールドを使用することで個性的な輝きを放つバングル。「シャニエール」(YG×D)¥830,000/エスケーパーズ(ヤニス・サーガキス)


海辺の澄んだ空気に映えるビビッドなターコイズと桃色珊瑚を組み合わせて

顔色を明るく見せてくれる上質な桃色珊瑚のネックレスは、あえて幾重にも重ねて色の美しさを堪能して。みずみずしいカラーストーンのネックレスを組み合わせて変化をプラスするのが、ジュエリー上級者のテクニック。

ネックレス〈上から〉珊瑚3連(YG×赤珊瑚×D)¥300,000・珊瑚ショート(YG×赤珊瑚×D)¥700,000・色石1連(YG×ターコイズ×トルマリン×グリーンガーネット×アメシスト)¥260,000・珊瑚ロング(YG×赤珊瑚×D)¥1,300,000/ボン マジック ニット¥100,000・スカート¥70,000/ブラミンク

 

心躍るリゾートの夜を包み込むシトリンとダイヤモンドのセンシュアルな輝き

クラシックなデザインながらモダンな印象ももつスネークモチーフの「セルパンボエム」は、大人に似合うモチーフジュエリーの筆頭。リゾートの夜には大きなファセットカットの落ち着いた輝きが魅力の、シトリンのピアスを主役に。メイクやほかのジュエリーで飾り立てなくても、内面からにじみ出る大人の豊かな美しさを、見事にきわだたせてくれる。

ピアス「セルパンボエム」(YG×D×シトリン)¥1,720,000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン) ドレス(9月中旬発売予定)¥64,200/ヴィンス 表参道店(ヴィンス)

【関連記事】:誇り高き歴史と洗練された魅力をインスピレーション源とするピアジェのジュエリーの世界

「自分へのご褒美は指輪」という人が増えています!


スターモチーフがかわいい

STARJEWELRYといえば名前にもある通り、星のモチーフがかわいく印象的です。

希望と夢の象徴とされるスターモチーフは、希望にあふれた10代のカップルに人気です。
こちらのペアリングは、わずか3㎜の幅の中に小さな星が並んだデザインの「OXIDIZED SILVER STAR RING」です。ボッテガヴェネタ イヤリング 偽物いぶしがかったシルバーにブラックの背景がスタイリッシュで、星が輝くような印象があります。
3位:ete(エテ)


ete(エテ)は、1989年設立の日本は大阪生まれのレディースブランドです。

「Always, my favorite one.」いつも自分らしくあることをコンセプトに、ジュエリーを提案しています。
シンプルで品の良いデザインが多く、そのなかにも個性を感じられるようなアイディアを取り入れています。指輪 ブランド本格派でありながらリーズナブルで、10代の女性に注目されています。華奢で女性らしい印象で、普段のファッションもランクアップしてくれます。


eteにはファッションのアクセントになるような、遊び心ある指輪も多く扱われています。

普段着けられない学生は、休日を思い切り楽しめるような元気なデザインがおすすめです。
こちらの指輪は、春の女神を意味する「Flora」という名を冠したピンキーリングです。マーガレットをモチーフとして、フレッシュで繊細さと温かみのあるデザインとなっています。虹色に煌めく本パールも控えめながら美しく手元を彩ります。

オリンピックビーチバレーボール女子選手が好きなアクセサリー

アオイの葉のようなグリーンがとても美しい宝石「マラカイト」をご存知ですか?マラカイトはカットした際にクジャクの羽のような模様が現れることから和名では「孔雀石」とも呼ばれています。このグリーンが美しい宝石は、ただ美しいという理由で人気があるわけではなく、「旅人を守護する宝石」や結婚13年の記念にプレゼントされるものとしても有名です。
今回はいろいろな伝説もユニークなマラカイトについてご紹介します。

マラカイトってどんな石?

マラカイトはギリシャ語で藤色を表す「moloché」という言葉が由来と言われる、緑色がとても美しい宝石です。この宝石は不透明な宝石で、グリーンの濃淡な層を持つ事が有名です。この独特な模様は『銅』によってもたらされていて、さらに、ほかの鉱物と混ざり合う特徴も持っているため、それぞれが多種多様な模様を持ちます。因みにマラカイトは銅の堆積と共に存在する宝石なので、見つけやすい独特な模様と特徴的な色によって、銅の採掘調査の目安としても使用されているそうです。
名前マラカイト
和名孔雀石
モース硬度3.5~4
カラー緑(濃淡のある緑でクジャクのような模様がある)
比重/屈折率1.65 ~ 1.90/3.25 ~ 4.10
産地ナミビア、タンザニア、ザンビア、コンゴ民主共和国、オーストラリア等
ハイジュエラーとして世界的にも有名な「ヴァン クリーフ&アーペル」はカボションカットされたマラカイトも有名で、オーストラリアまたはコンゴ民主共和国産のマラカイトを使ったマラカイトジュエリーを作っています。
マラカイトの豆知識
alhan
出典:http://www.vancleefarpels.com/jp/
マラカイトにはこの宝石を持っておきたいと思える逸話が存在します。それはタイトルにもある『旅人を守護する宝石』です。とてもご利益のありそうな感じがしますよね。マラカイトは古代エジプト時代の紀元前4000年には採掘されていたと言われているとても歴史の長い宝石で、古代エジプト時代の伝説では、家庭の守護神である女神タウレトがつけていたネックレスの中にマラカイトも使われていたと言われています。指輪 人気マラカイトは身に着けている人に危険を伝えると言われ、危険が近づくとマラカイトが粉々に砕けるのだそうです。その為、マラカイトを旅人に持たせ、守護するための宝石として使われたそうで、この逸話によって今でも『旅人を守護する宝石』として人気です。

まとめ
今回は特徴的な模様が美しいマラカイトについてご紹介しました。マラカイトはカットすると非常に独特な緑の濃淡で作られる模様が入っている宝石で、さらに一般的な宝石とは違い、不透明な宝石として人気です。特にハイジュエラーとして有名な「ヴァン クリーフ&アーペル」の幸運の象徴とも言われるアルハンブラコレクションのマラカイトはとても美しいことでも有名です。是非手に取ってみてください!

【関連記事】:最新ファションパイオニアに関するファションニウス

オリンピックのシンクロナイズドスイミング女子選手が好きなネックレスです。


お守りとしての効果もあるアクアシルバーのネックレスが大人気

アクアシルバーのアクセサリーといえば、新しい思想を形にした個性的なネックレスが大人気です。ひとりひとりのライフスタイルやファッションに調和する、豊富なデザインが魅力で、相手にぴったりのアイテムをプレゼントすることができますよ。ペアアイテムも充実しているため、記念日にペアネックレスをプレゼントしても喜ばれます。真の平和をコンセプトに作られたネックレスなので、毎日身に着けることのできるお守りとして自信を持って贈ることができますよ。


熟練の職人による、丁寧なハンドメイドアイテムが人気のアロハマナのネックレスです。また、楽天ランキング「ペンダント部門」で2位を受賞するなど、多くの方から注目を集めています。

優雅な曲線が女性らしいプレート型は、胸元に心地よくフィットして人気です。エルメス ジュエリーそして、ハワイアンジュエリーらしい楽園の波模様が描かれた美しいデザインで、女性を魅了します。

モダンでおしゃれなネックレスは相手を選ばず安心して贈ることができます。重ね付けもできるので、幅広いシーンで活躍すると好評です。

誰もが知ってるルビーの豆知識をまとめてご紹介!


「知っている宝石を上げてください。」と言われた時、ダイヤモンドやサファイアなどと並びルビーも真っ先に出てくるでしょう。このルビーという宝石は、深い赤色が特徴で、『宝石の女王』などとも呼ばれ全宝石の中でもトップクラスの人気があります。当たり前ですが、人気が高い宝石ですので、高品質なものは目が飛び出るほどの価格が付くことも珍しくなく、ルビーが憧れの宝石だという人も少なくないのではないでしょうか。
そこで今回は、誰もが愛してやまない『ルビーの豆知識』についてご紹介していきたいと思います。

ルビーにまつわる豆知識いろいろ


それでは、ルビーに関する様々な豆知識をご紹介していきましょう。ルビーは産出量も少ない為、非常に希少価値が高い宝石として有名です。ブレスレット メンズその深い赤色から『宝石の女王』等とも呼ばれ非常に高い人気を誇ります。
赤い色を持った宝石は、他にもたくさんあるのですが、圧倒的な知名度を持つルビーには豆知識的なものも結構多く、知っているだけでも意外と面白いものです。

まずはルビーの基礎知識から!

それではまず、ルビー好きなら絶対に知っておきたい基礎知識からご紹介したいと思います。

実はサファイアと同じ鉱物
これは有名ですね。実はルビーとサファイアは『コランダム』と呼ばれる同じ鉱物なのです。そして、コランダムの中で赤色の物を『ルビー』それ以外の物を『サファイア』と呼ぶのです。この違いは、コランダムの中に1%だけクロムが含まれることでルビーになるのです。
天然のルビーはアジアに偏って産出
ルビーとサファイアは上述の通り同種の鉱物で、微量のクロムを含むものがルビーで、鉄やチタンを含むとサファイアとなります。そして、このルビーの原産地はミャンマー、スリランカ、タイなど、アジアに限定され、欧米では採れないのです。
大きな結晶は少ない
ほとんどの宝石に言えますが、ルビーも大きな結晶が産出することは非常に稀です。そもそも産出量が少ないと言われるルビーですが、3カラット超えの大きなルビーは滅多に産出することがなく、驚くほどの価格が付きます。
産地によって違う名称が

上述したように、ルビーはアジアに偏って産出されるものです。そして、その産地ごとに微妙に色合いが違う事で有名です。その中でも特に希少価値が高いと言われるのは、ミャンマーで産出されるルビーで、その赤紫色のカラーは『ピジョン・ブラッド(鳩の血)』と呼ばれ特に高額で取引されます。他には、タイで産出されるものは、黒っぽい赤色をしている事から『ビーフ・ブラッド(牛の血)』と呼ばれるなど、産地によっていろいろな名称で呼ばれます。

スター効果を持つものもある

1405129_00宝石の中には、『スター効果』や『アステリズムスター効果』等と呼ばれる、表面に4条または6条の星のような筋が見られる問題のがあります。本来、透明度の高いものほど高価となる宝石ですから、こういった内包物は価値を下げる要因となるものです。しかし、星のように美しく出るスター効果は、宝石の特別な表情として価値を高めるものです。ルビーの中には、このスター効果を持つものが稀に産出され、赤味の強いルビーにスター効果が入っているものは、非常に高い価格で取引されます。


【関連記事】:クールなスタッズがエッジィ☆ インパクトあるウォッチが色々

誰もが知ってるルビーの豆知識をまとめてご紹介!


「知っている宝石を上げてください。」と言われた時、ダイヤモンドやサファイアなどと並びルビーも真っ先に出てくるでしょう。このルビーという宝石は、深い赤色が特徴で、『宝石の女王』などとも呼ばれ全宝石の中でもトップクラスの人気があります。当たり前ですが、人気が高い宝石ですので、高品質なものは目が飛び出るほどの価格が付くことも珍しくなく、ルビーが憧れの宝石だという人も少なくないのではないでしょうか。
そこで今回は、誰もが愛してやまない『ルビーの豆知識』についてご紹介していきたいと思います。

ルビーにまつわる豆知識いろいろ


それでは、ルビーに関する様々な豆知識をご紹介していきましょう。ルビーは産出量も少ない為、非常に希少価値が高い宝石として有名です。ブレスレット メンズその深い赤色から『宝石の女王』等とも呼ばれ非常に高い人気を誇ります。
赤い色を持った宝石は、他にもたくさんあるのですが、圧倒的な知名度を持つルビーには豆知識的なものも結構多く、知っているだけでも意外と面白いものです。

まずはルビーの基礎知識から!

それではまず、ルビー好きなら絶対に知っておきたい基礎知識からご紹介したいと思います。

実はサファイアと同じ鉱物
これは有名ですね。実はルビーとサファイアは『コランダム』と呼ばれる同じ鉱物なのです。そして、コランダムの中で赤色の物を『ルビー』それ以外の物を『サファイア』と呼ぶのです。この違いは、コランダムの中に1%だけクロムが含まれることでルビーになるのです。
天然のルビーはアジアに偏って産出
ルビーとサファイアは上述の通り同種の鉱物で、微量のクロムを含むものがルビーで、鉄やチタンを含むとサファイアとなります。そして、このルビーの原産地はミャンマー、スリランカ、タイなど、アジアに限定され、欧米では採れないのです。
大きな結晶は少ない
ほとんどの宝石に言えますが、ルビーも大きな結晶が産出することは非常に稀です。そもそも産出量が少ないと言われるルビーですが、3カラット超えの大きなルビーは滅多に産出することがなく、驚くほどの価格が付きます。
産地によって違う名称が

上述したように、ルビーはアジアに偏って産出されるものです。そして、その産地ごとに微妙に色合いが違う事で有名です。その中でも特に希少価値が高いと言われるのは、ミャンマーで産出されるルビーで、その赤紫色のカラーは『ピジョン・ブラッド(鳩の血)』と呼ばれ特に高額で取引されます。他には、タイで産出されるものは、黒っぽい赤色をしている事から『ビーフ・ブラッド(牛の血)』と呼ばれるなど、産地によっていろいろな名称で呼ばれます。

スター効果を持つものもある

1405129_00宝石の中には、『スター効果』や『アステリズムスター効果』等と呼ばれる、表面に4条または6条の星のような筋が見られる問題のがあります。本来、透明度の高いものほど高価となる宝石ですから、こういった内包物は価値を下げる要因となるものです。しかし、星のように美しく出るスター効果は、宝石の特別な表情として価値を高めるものです。ルビーの中には、このスター効果を持つものが稀に産出され、赤味の強いルビーにスター効果が入っているものは、非常に高い価格で取引されます。


【関連記事】:クールなスタッズがエッジィ☆ インパクトあるウォッチが色々